小樽赤岩(クライミング)

小樽赤岩は約200本のルート数と積丹ブルーを見下ろしながらの爽快なクライミングが出来る北海道屈指の岩場です。

曇りで湿度もあり、アプローチで歩いているとじわりと汗も出てくる朝でした。時間が経つにつれて、次第に晴れてくるとカラッとした涼しい風が吹きこみ、日差しも暑くなく快適な一日に恵まれました。

天気も去る事ながら5月中の様な混み合いもなく、何もかもがパーフェクト💯 各ルートを登り切ると爽やかな風と壮観な景色。こんな日はゆっくりと楽しませて貰いました。

足が痛い件

ガイディングでは易しいルートが主なので、普段は岩場も対応するhanwag Ferrata Ⅱ GTXを使っています。クライミングゾーンのグリップも良く、キッチリ締め上げていても足首の屈折も程良くあり使い易いと思います。

今日は久しぶりにクライミングシューズを使うと、足が痛いのなんの。途中から歩いたり登る事すら激務になってしまったので、ビレー中はもれなく裸足で過ごしました。今のシューズは登る時だけ履く室内やフリーのルートの時用に決定…。赤岩用の足に易しいシューズを買おう…。

hanwag Ferrata Ⅱ GTX とお気に入りのパンツfjallraven keb trousers M

hanwag Ferrata Ⅱ GTX http://www.fjallravenby3nity.jp/smartphone/detail.html?id=000000000564&category_code=ct34&sort=recommend&page=1

ここ数年の愛用パンツであるKeb trousersは、fjallravenを代表する生地 G-1000が使われています。オーガニックコットン35%、リサイクルポリエステル65%の混紡で、擦れや焚き火に強い作りです。ストレッチ生地も組み込まれており、動き易さも抜群。コットン混紡ながら、乾きにくさを感じた事もありません↓↓

fjallraven keb trousers http://fjallraven.jp/fjallraven3/itemdetail/8565682/856568246042/3001/1005/8/0/0/fjallraven_Keb_Trousers_M

岩場ではガイドの先輩・高山さんにもお会いしました。久しぶりにお会いしてあれこれお話も。北海道山岳ガイド協会では横の繋がりがとても強く、現地でのガイド同士による情報交換も活発。そして有難いことに先輩ガイドさん達も皆さんとても良くしてくれます。

高山ガイドHP: http://takayama.g3.xrea.com

最高の赤岩日和でしたね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中