利尻山バックカントリー②

しばらくブログアップが空いてしまいました。

先月の利尻島滞在期間中に急遽いただきました仕事のため、3月も今日から再び利尻へ🛩

思い出したかの様に先月の続きを書かせていただきます⛷

.

.

南寄りの風が吹いたら夏道のある鴛泊のエリアへ。朝から晴れていたら、ペンションレラモシリからも山頂が見えます。

ペンションレラモシリから臨む利尻山。

.

鴛泊から登るとしばらく樹林の中を行きます。これは普段のバックカントリー山行の雰囲気で、ある意味落ち着きますね。

しばらく歩くと森林限界を迎え、急に開けます。
そしてテンションも上がります⤴️

.

尾根に取り付き、ゆっくり登っていくと背後にはポン山、利尻富士町、そして礼文島が。登るほどに高度感があり、眺めがどんどん良くなります。

尾根上はクラストしている場所も多いので、スキークランポンは必携です。

礼文島をバックに登る

.

ゆっくり登る事約3h。この日は雪にも光にも恵まれ、この上ないコンディション!

こんな条件で滑られたら、一生の思い出になること間違い無しですね。

skier: 北川直樹(ガイド)

滑り出すと歓声のち「やべぇ〜!!」

だよね(笑)こんな日は最高ではない訳がない!

動画を撮っていても、滑り手の気持ちよさがヒシヒシと伝わってきました。

.

snowboarder: ゲストさん🏂

.

ガイド北川をはじめ、皆さん最高の滑りを堪能された事と思います。みんなを撮影して滑った僕も最高でした。

.

.

真冬にパウダー、展望、光。この上ない最高の一日となりました。

.

つづく

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中