想いを形に

2021年10月25日〜11月12日

ビート(甜菜糖)畑と十勝幌尻岳。
左奥の白い山はカムイエクウチカウシ山。

この期間は、兄が父から受け継いだ農場で長芋掘りなどが繁忙期を迎え人手が必要になるため、その仕事を手伝いに帰省しています。

.

前職で会社員をする事13年。仕事を通じて色々な経験を積ませていただきました。

振り返ってみると、仕事が楽しくてがむしゃらに働いた20代。仕事を覚えて、自分なりに工夫をしてみた30代前半。その後も目標を立てて、仕事の質や精度を上げようと色々やりながら、今に至ります。

とても充実した日々でしたが、そんな中で母や祖父を亡くし、家族との時間を十分に過ごせていなかったことを後悔しました。

亡くなる前に、一目顔を見るだけでもしておきたかった。それには自分の思いも去る事ながら、何より『時間』が必要でした。

時間の使い方を自由にしたい。これも独立しようと決意した理由の一つです。

.

前置きが長くなりましたが、地元にいる父や兄、祖母に伯父伯母、従兄弟と顔を合わせる事。今、改めて故郷で過ごす時間を大切にするため、時間を使える様になった昨年からこの時期は仕事を手伝いがてら、故郷で過ごす事が年間スケジュールの一環です☺︎

.

長芋掘りと同時にビート(甜菜糖)の収穫も行われました。山や川でなくても、外で働くのはやっぱり気持ちが良いものです!

採ったどぉー!!

基本は全て機械で収穫しますが、ごく一部は手で行います。そして、人の手でないと出来ない作業もやはりあるので、働き手の確保は重要です。

.

ビートの収穫風景

これらのビートは、日本甜菜製糖株式会社に出荷され、砂糖やビートオリゴなどの商品になります。特にこのビートオリゴは、腸内環境を整えるのに役立つ液体甘味料で、ヨーグルトやホットケーキなどにかけて食べるのがオススメです☝️

ビートオリゴ https://www.nitten.co.jp/~ntn-nsj/product01.html

.

.

畑仕事の休みは雨の日☔️ 偶然にも従兄弟とのタイミングが合い、急遽フライフィッシングへお出掛け🎣

身近に良い川がある事も、今となっては故郷の魅力の一つです。

楽しい時間をありがっと!

.

釣りという大いなる趣味に出会えた事も、時間の大切さに気付かせてくれた事の一つです。

市街地にある公園。
札内川の伏流水が流れ、透明度抜群。
釣りも楽しめます⭕️

.

.

山の朝ほどは早くないですが、畑の朝もそれなりに早く、毎日御来光が見られるのも何だか有り難かったですね。

放射冷却で冷えた朝❄️
我が家の向かいの景色
久しぶりに見たフルレインボー🌈

.

.

長芋掘りは、バックホウで穴を掘る人から始まり、芋を掘り出す人、機械に乗せる人、選別をする人、コンテナに詰める人、コンテナを運ぶ人などなど総勢10名程で行われます。

芋を掘り出す人(峻)。
穴の左右に長芋が並んでおり、
一本ずつ掘り出して並べます。
コンテナをトラクター🚜で運ぶ人(佑)
300kgコンテナに詰められた長芋。

このコンテナが1日に30個弱ほど出来上がり、川西農協へ出荷されます。

我が家の長芋も「川西ながいも」として、日本国内、海外は台湾やアメリカに輸出されているそうです。台湾では薬膳料理に、アメリカではどう消費されているんでしょうね??気になるー。

.

.

何か特別な事をしてあげられる訳ではないし、自分がやりたい事をしているだけの自己満足なのかもしれませんが、家族や親戚との時間を持てている事に大きな意義を感じています。

この心で感じた想いを形にしておく事が出来れば、また同じ様な後悔をする事はないのかもしれません。

今、出来る事をやって行こう。人生の目標にしたいと思います☺︎

ブナの森へ

2021年10月24日 黒松内岳

例年よりは少し遅れて冬タイヤへの交換も済まし、峠などでの突然の雪や凍結路面にも心配する事なく準備万端。

この日も天気予報からは朝の中山峠だけが心配されましたが、結果オーライ。でしたが、この「結果オーライ」という感覚は好きではありません。

ガイドの仕事も日常の生活もそうですが、心に引っ掛かる不安を抱えたまま行動をしていくのは、とてもストレスであり、事故やトラブルが起きる可能性が高いからです。

トラブルの芽は小さいうちに見つけて対処する、というのも大切にしている事の一つです。

.

隣に見えた長万部岳。

黒松内への移動中、遠くに見える山々は真っ白になっており、今日の登山は壺足ラッセルを覚悟しなくてはならないか、、、と思っていました。

しかしながら、町から見えた黒松内岳には雪は着いておらず一安心しました😅

.

クッキリと気持ちよく広がる青空を眺めながらの登山となりました。普段見かける事が少ないブナの姿を楽しみながら。

登りも中盤に差し掛かる頃、黒松内岳の姿が綺麗に見えました。山って正面から見ると急に見えますよね。近付いて見るとそうでもなかったりしますが、このタイミングでは山がスッと背伸びをして僕等に良いところを見せているんでしょうね。

.

展望も抜群💮後ろにはブナの黄葉。

幾つかある急斜面のロープ場を登り切り、山頂で360度の展望とコーヒータイム☕️

月始めに訪れた大平山。
エーデルワイスはまた見に行きたいですね!

.

登りの時に通らなかった迂回路は下りで歩きました。直登を避けるための迂回路でしたが、西陽になる午後の光がとても良かったので、このタイミングで通ったのは大正解でした⭕️

.

.

.

.

短い時間ではありましたが、グッと景色が変わった西陽が差す黄色の世界を満喫して無事の下山となりました。

.

帰り道の羊蹄山も綺麗でした☃️

救助犬トレーニング

2021年10月23日

昨年、専門学校時代の恩師からお誘いがあり、山岳ガイド:ハンドラー(犬の訓練士):救助犬による民間捜索チームを立ち上げる事になりました。

これまで月に一度の勉強会や登山トレーニングを継続してきており、犬、人、共に山にも強くなってきています。

今回は里山での捜索訓練。実際に人が隠れ、それを探すという内容。

探す側はどこに隠れているかは全く分からない状態。地図、実際の地形、シミュレーションから与えられる要救助者の情報を頼りに捜索開始。

ガイドは目で探し、犬は鼻で探し、ハンドラーは犬の動向を見逃さない様に観察をする。これまで僕自身も山での捜索活動を経験してきましたが、犬による捜索は初めてなので、とても興味深く見ていました。

結論から申し上げますと、人の1億倍強いと言われる犬の嗅覚に頼らない手はありません。今回もひとたび犬が匂いに反応すると、あっという間に要救助者のところへ駆け付けました。お見事!

一般的には先に沢山の人員を投入して目での捜索が行われるそうですが、この後に犬を投入するとなると、沢山の人の匂いが残り、要救助者の匂いを特定出来なくなるそうです。

学生時代に勉強した【救助は3S】という言葉はいつも僕の胸の中にあり、山における様々な事に対する基本になっています。

Safety / Speed / Simple

常に安全で、時間をかけることなく、単純な方法で臨みます。

今回のチームでは、第四のSとなる犬の強力な嗅覚(Sense)の力を借りて4Sで、来るかもしれない実際の救助に準備を整えておきたいと思います。

シーズンラストツアー🎣

2021年10月22日

紅葉もピークを迎え、札幌近郊の山も白くなり始めました。この日は今シーズンラストの渓流釣りツアーへ。

恵庭岳も雪化粧☃️

予想最高気温は12℃程度。ウェーダーを履いているので、直接濡れることはありませんが、積極的に水の中にいると寒い季節。

晴れ予報の地域を選びいざ入渓。ここももれなく紅葉のタイミング。初夏や夏にも訪れていましたが、秋も素晴らしい渓相🍁

滝の白が入るとやっぱり良いですね!

数日前の雨の影響で増水が引き切る少し手前のタイミングでした。水も冷たく魚の反応は控え目でたしたが、そのコンディションに合わせて楽しむという本来大切にしている事を実践出来たと思います。

今シーズンの渓流釣りツアーはこれにて終了。ご参加くださいました皆様、本当にありがとうございました🙇‍♂️

来シーズンはGWが明けた頃よりツアーを再開致します。日帰りツアーは月に2本程度、大変ご好評をいただきました🏕釣りキャンプ🔥も初夏と秋に3本程度予定をしております。

来シーズンもどうぞ宜しくお願い致します!

プロモーションビデオ撮影

2021年10月18日@様似山道

義理の弟が開業のお祝いにとユアタイムマウンテンガイドサービスのプロモーションビデオを作ってくれる事になり、この日一番天候が良いと見た様似山道にて撮影を行いました。

撮影とは言いますが、僕がやるべき事はいつも通りのガイディング。ちょっと緊張しましたが、いつも通り周りを眺めながらゆっくり歩いて、話のネタになりそうなものがあれば、立ち止まってその話をしたり。

自然が作り出す綺麗なものを楽しみながら、そして今回の様似山道では歴史の息吹を楽しみながらのんびり歩いてきました。

普段はお客様方を写す側なので自分の写真はある意味貴重ですね😂

子鹿の骸骨☠️
気まぐれ開催、山カフェ☕️🍰
チョコレートケーキは手作りです❤️

撮影にご同行いただきましたモモコさん、
チエさん、ありがとうございました!

親子岩と夕日

作られた動画はホームページのトップページで見られますので、是非ご覧ください。

まだまだ始まったばかりですが、これからもユアタイムマウンテンガイドサービスを宜しくお願い致します!

新冠ポロシリ山荘小屋締め作業

2021年10月17日

幌尻岳新冠コースにある新冠ポロシリ山荘は、新冠ポロシリ山岳会の皆さんが管理をされています。

シーズン前の小屋開き、登山道整備、シーズン中には簡易トイレの汲み取り作業や小屋の維持管理作業、そして今回の小屋締め作業などなど、日頃からの活動には頭が下がる思いです🙇‍♂️

このコースは僕らガイドも使わせていただいているので、小屋の開け閉め作業においては北海道山岳ガイド協会から有志を募り、作業のお手伝いを行っています。

今回も会長を筆頭に4名で小屋締め作業のお手伝いをさせていただきました。

登山時は5時間かけて歩く林道ですが、維持管理作業の時は車にて。

紅葉が見頃でとても綺麗でした🍁
渓谷の景色も👍ん〜、良いお魚が居そうだ。

無事に小屋に到着、ブリーフィングをして作業スタートです。

今回ガイドチームは薪割り作業担当🪓 チェーンソーで玉割りをして斧でガンガン割って行きます。みんなスイッチが入ってしまったのか、ものすごい勢いで作業は進みあっという間に薪置き場はいっぱいに。

この隙間に入って、並べる係を担当しました。
閉所恐怖症の人はNG😅

他のチームは、小屋やトイレの清掃、水抜き、屋根の補修や防腐剤の塗布などなど様々な作業がテキパキと同時進行に。

無事に作業は全て終了。終わる頃にはご覧の様な雪模様に⬇️⬇️⬇️

一足早い初冬の雰囲気を楽しませてもらいました☃️

お疲れ様でした☃️

プロ野球観戦⚾️

2021年10月15日@札幌ドーム

年に一度は見ておきたい日ハム戦⚾️ この夏もバタバタ落ち着かず、ドームへの足が遠のいて居ました。

気が付けばもう10月!!6位で終わろうが5位で終わろうが僕のファイターズ愛は変わることはありません。年に一度は見ておきたいのです!

という事で、この日を逃す訳にはいかず、直前ではありましたがチケット購入📲

行ってきました☺︎

この会場に入っての景色、雰囲気はいつも感度します↓↓

今回はS指定席3塁側 55通路25列149番 ¥5,800。空いていたので、極力前の方を取りました。グラウンドに近くて、キャッチャー寄りの方が好みの見る位置です。

シートからの目線

相手チームなれど一際目を引いたのは、

オリックスバファローズ 山﨑颯一郎投手身長190cm!! 脚長い!

一方ファイターズは頼れるベテラン、鉄腕と呼ばれる宮西投手。2008年から今シーズンまで連続14シーズン50試合登板を達成されています。おめでとうございます㊗️

ゲームは両チームの先発投手の好投による投手戦となり、互角の展開かと思われましたが、2年目立野投手のほんの少しの綻びをバファローズがしっかりモノにし、ラオウこと杉本選手の豪快な第32号3ランホームランが決勝点に。

ヒーローインタビューでコメントがありましたが、今シーズンで1番の当たり🎯とのこと。打った瞬間間違いなくホームランだと誰もが分かる大きなアーチでした。

ファイターズは終盤に攻勢を見せるも打線が繋がらずゲームセット。

残念ながら勝ちゲームとは行きませんでしたが、今シーズンも一度は生でプロ野球を見られて大満足でした。

帰り際、どの選手のポスターと写真を撮る?という事になり、今シーズンバッテリーコーチ兼選手だった鶴ちゃんこと鶴岡選手と📸

シーズン後、ファイターズからはコーチのポストを用意されていましたが、鶴ちゃんは現役続行を表明し、ファイターズを退団する事になりました。まだまだ身体も動くし、本人の納得が行くまで現役の炎を燃やし続けて欲しいですね!!

どこのチームに行っても応援したいと思います!

🎣釣り&キャンプ🏕

2021年10月9日〜10日

今シーズンは登山ツアー以外で結構キャンプをしています。山中泊とは違って車から荷物を運ぶ程度の距離感なので、これはこれでじっくりキャンプ時間を楽しめて良いですね。

この日はまず渓流釣りへ🎣

つい数日前に下見をしたこの川ですが、渓相、釣果が良かったのと、この土日において天候が安定する地域と重なり、再びやってきました。

途中にある2段砂防ダム。

大きな落ち込みの淵にも虹鱒やホウライマスがたくさんいました。釣れ始めるとなかなか移動出来なくなるポイントですね😁

参加者のお二人様同時に釣れました🎣🎣

その後釣れた大きめの虹鱒。

良い顔付き

大きくなってくると雄は顎がしゃくれたり、雌は優しい顔をしていたり。この顔付きですと、雄なのではと思いました。

渓谷の紅葉も色付いてきています。ところにより静かに流れる場所では水鏡もキレイに見られました。

景色良し👍 釣果良し👍

好条件に恵まれ良い事尽くめ!シーズン終盤に感謝感謝の大当たり🎯です。

竿がしなるぅ〜!この後釣れたのは、、、
この日一番大きなホウライマス。40cm。

忘れてくれるな、と虹鱒さん。
ありがとう!

あ!岩魚も一匹釣れてます。
こちらの方が忘れてくれるな、ですね😅

良い日過ぎたので、川での写真が止まらないところでした😅 その後はキャンプ🔥🏕です。

虹鱒の唐揚げ調理中〜🍳
最近作るのにも食べるのにも
ハマっているスパイスカレー🍛

作って楽しい、食べて美味しい、翌日の身体の調子も良い👍 3イイ👍👍👍のお気に入りです☺︎

焚き火でぬくぬく🔥夜の時間を楽しみました。
星空もきれいに見られました🌌

朝は再び焚き火を囲み、ゆっくり☕️と朝食を楽しみました。静かに楽しむことが出来て、キャンプはやめられないですねぇ〜🏕🔥☕️🍳

一路違う川へ移動〜🚘

違う川での釣りをスタート。

事件は起きました…!

神様Tさんの釣り竿がへし折られた!!

釣り竿をへし折った主は、、、

こちらの虹鱒。42cm。
すこぶるパワーのある子でした。
折れても繋がっていてよかったですね!
色の濃いカッコイイ1匹でした。

また別の事件、ではなく珍しい出来事が🐾

比較的新しい🐻の🐾が何と水中に残っていました。結構滑った様で流石の20本爪アイゼンと4輪駆動も苦労した御様子💧

最後にこの二日間で見た魚の中で最も大きい雨鱒をご紹介。推定60cm!

産卵期を迎えているのせいなのか、顔の前に餌や毛針が流れても全く釣れないという何とも歯痒い一匹。しかしながら見られただけで大満足でした! 今度は是非釣り上げてみたいー!!

とある川へ(渓流釣りプライベートツアー)

10月4日 道央地区某河川

この日はプライベートのオーダーで渓流釣りへ行ってきました。平日ともあって人に会う事もなく、予定通りの貸切で川を楽しみました。

ヌメリスギタケモドキ

食可のキノコなので、採って帰り、キノコ汁にしていただきました。なかなか美味しかったですよ。

今回の川は虹鱒が主に釣れました🎣

まだまだお魚たちもやる気があり、水面上および水面付近を流れる毛鉤に反応良好⭕️

流れる毛鉤にバシャッ‼️っとくるので、視覚的にも一番楽しめる釣りでした。

スゴイ場所から攻めてらっしゃる😂
山葡萄のアーチ、キレイでしたー!

出来る事ならアーチの向こうに人を入れて写真を撮りたかったですね!

この日は大きな落ち込みがあるここまで。終盤はイワナも釣れました。

貸切ともあって、何と15匹も釣り上げられました!結構な数のバラしもあったので、20匹くらいは釣れていたはず。お見事ー💮❗️

パノラマハイキング&エーデルワイス

10月2日〜3日 プライベートツアー      樽前山&大平山

週間予報ではあまり良くない予報が出ていた2日(土)でしたが、そんな予報も吹き飛ばしてしまうお二人とまずは樽前山へ。

「天気が良くなかったら山頂だけサッと行ってきましょう」なんて言ってましたが、蓋を開けてみれば晴れ晴れ🌞

しっかり西山も踏み、外輪山を一周してきました。

西側から見る溶岩ドームは、いつ見ても蟹🦀

週末ともあり🅿️の混雑を心配しましたが、万事スムーズに。

支笏湖と右奥に恵庭岳
樽前山も少し煙が増えたような。。。

しっかり良い景色を見させて貰いながら、気持ち良く歩いてこられました。

この日のお宿は島牧村の宮内(ぐうない)温泉♨️ 山里にある静かな温泉宿でゆっくりさせていただきました💤

Day2 早朝出発で大平山(おびらやま)へ。

この山に来るのはとても久しぶり。そして前回は初めてだったのですが、悪天候により途中撤退☔️だったので、登られること自体がとても楽しみでした。

最初のうちはニュージーランドを彷彿させる
鬱蒼とした森の中を登って行きます。

途中から森林限界に出て、斜面を登って行くのですが、石灰岩特有?の滑る地質と、登山道に所狭しと散りばめられたカドバリヒメマイマイ🐌🐌

極力踏まない様に歩きましたが…。

たまーにでしたが、卵の殻を踏んだ様なクシャッ!という乾いた音が…。。。申し訳ございません…🙇‍♂️十二分に気を付けていたつもりなのですが。。。

時に謝りながら登り、そして開けた場所へ。

草藪がちな道だったので、開けると急に爽快な気分に。写真右のピークへの尾根を登り進みます。

尾根終盤に現れる石灰岩質の岩稜は白く雰囲気満点でした。

そして念願のご対面🌼

固有種 オオヒラウスユキソウ

季節は終わっていたかと思いましたが、結構な数のエーデルワイスを眺めさせて貰いしました。

エーデルワイスピーク(勝手に命名)の奥は、強烈な根曲り竹の藪道。。。あたり一体が生物群集保護林のため人の手を加えない方針だそうで。

山頂の一等三角点を訪れたいのであれば行くのも良しですが、かなりの労力と時間を使いますのでご注意ください。